同級生「好きな小説なに?」ぼく「ロシア文学とかかな(笑)」